組合概要

旭川市管工事業協同組合のあゆみ 


旭川市の水道は大正2年に創設された旧軍用水道がその始まりです。
この施設が戦後、旭川市に移管され昭和23年8月に市民の水道として誕生しました。

 これらの施設は石狩川を水源とし、緩速ろ過方式による3,300m3/日の春光浄水場と延長約26kmの配水管でした。

 その後、数次に及ぶ上水道拡張事業に加え、昭和33年から着手した公共下水道事業は、旭川市の発展とともに市民生活のライフラインの一翼を担ってきました。

 そうした上下水道の普及率向上に応えるために昭和28年に旭川市独自の『給・排水装置工事』の指定業者制度が制定され、昭和30年5月には旭川市管工事業協同組合の前身である旭川市水道事業者協同組合を設立。

 昭和48年5月には旭川市排水設備指定工事店会員(7社)が統合。昭和56年6月より、現在の「旭川市管工事業協同組合」に名称を変更し、より一層の組合体制の強化が図られました。

   

 

〒070-0041

北海道旭川市

 上常盤町2丁目1970

TEL 0166-23-2466

FAX 0166-25-7393